« Turning over in bed | トップページ | 35Th TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2008 »

2008/03/30

Disconnection

Img_0049

たまに有る事ですが、年式が古くなったドカは、例えばライトが点かない、メーター内のライトが点かない、でもハンドルを切ったりすると点灯。 ハーネスが硬化したりして被覆が駄目に成り、断線寸前や断線などが有ります。

Img_0050_2

この車両は900SSです。 たまにテールが不灯なので球切れかなと思いましたが、新しい電球を入れても点かない。 なら接触不良かな!? と思ったけどそうでもない、ライトスイッチをポジションにしてもスモールも点かない。 スモールも球切れ!? ヒューズが飛んでるのか!?

Img_0051 

ヒューズや球切れでは無い。 もうそうすると断線しか考えられない。 カウルを外し、ハーネスを追って見る。 ステム部分からタンクの下を通るハーネスはハンドルを左右に切ると結構ギリギリなんです。 そこの部分をよ~く見ると、被覆が傷付いている所を発見。

Img_0052

丁寧にメスを入れると、見事の断線しています。ギリギリの長さしかないので作業がし辛い・・・ 余裕が有ればハンダでやろうと思ったけど、かなりキツイ。 なのでギボシで作業する事にした。

Img_0053 

ギボシで止めて点灯確認すると無事に点灯。 900SSだけではなく、モンスター等でも起こります。 これはスモールだったけど、ここに集まっている、配線はどれがこう言う状態になっても可笑しくは無いです。 要するにハンドルに付いているスイッチ類は全て...


CoRichブログランキング GYRO(ジャイロホームページへ!!

|

« Turning over in bed | トップページ | 35Th TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2008 »

Motorcycle」カテゴリの記事

Repair」カテゴリの記事

Clinic」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Disconnection:

» 砂時計 [砂時計]
次の記事も楽しみにしています。 [続きを読む]

受信: 2008/04/01 05:41

« Turning over in bed | トップページ | 35Th TOKYO MOTORCYCLE SHOW 2008 »