« Oils and fats | トップページ | Tire exchanges of 749S »

2009/10/15

RYOMAX Impression No.42 MOTO GUZZI GRISO

Img_5094

正直、余り興味が有る車種では無いグッチ… 歳と共に趣味や思考が変われば乗る事も有るのかな!? BMもそうだけど、これを乗りこなしている人は凄いなと思う。 低回転でブリッピングすると車体が右に傾く。 低速でのすり抜けは気を使う。 跨った感じはそれほど大きいとは思わない。 ハンドルが変えられてある事もあるかも知れませんが。 それより、サイドスタンドを上げるのが大変、物凄く遠い。日本人の平均身長だと辛いかと。

Img_5090

エンジン始動、特有のサウンドを奏でる。 ハンドルが物凄い振動でブルブル(笑) こりゃ、ビューエルよりすさまじい鼓動だ。 ウインカーS/Wはハスクなんかと同じ様な感じだが、本来はライトスイッチの場所がトリップの1.2と面白い。 リセットボタンが見つからなかったかが、パッシングの下に。 ローに入れて発進! 乾式の音がドカと全然違うカチャカチャ。 クラッチを離していくと、結構遠いところでミート、思ってた以上に下のトルクが無い。

Img_5093

なので、クラッチミートのみの発進は神経を使います。 走り出すと、全くもって普通なバイク。 右コーナーでシフトダウンしてアクセルを開けながら進入しても傾きは無く、逆に左で開けても、立ち上がる事などは無かった。 正直、もっと暴力的な乗り物を期待していたが、マイルドでした。 しかし、低速でのすり抜け時にアクセルを煽ると、右に振れるから、気を使う・・・

Img_5091

縦置き、シャフトの癖が嫌いな僕でも、普通に走っていれば癖を感じない。 モトグッチも、そう言う、皆に乗れる様な味付けにしてるのでしょう。 これも時代。 ブレーキやサス等も、十分。 ただ、このアメリカン!? スポーツバイク!? なんだか分からないジャンルのバイクは、どうも好きに成れない・・・  と、RYOMAXの独断と偏見のインプ42はモトグッチ グリーゾでした。 レーサーはかっこ良かった、あれは欲しいけど。 公道Ver出せば良いのに。

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

| |

« Oils and fats | トップページ | Tire exchanges of 749S »

Impression」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RYOMAX Impression No.42 MOTO GUZZI GRISO:

« Oils and fats | トップページ | Tire exchanges of 749S »