« Polish end | トップページ | Rossi’s Desmosedici GP11 unveiled »

2011/01/12

Rossi to be unveiled in Ducati colours at Wrooom 2011

03rossi

ドゥカティの『WROOOM』-プレス・スキー・ミーティングは明日11日、イタリアのマドンナ・ディ・カンピリオでスタートする。

フェラーリF1チームと合同開催する毎年恒例のイベント初日は、移籍してきたバレンティーノ・ロッシと3年目を迎えるニッキー・ヘイデンが、それぞれ単独のプレスカンファレンスを行う。

2日目は、ドゥカティ・コルセの代表であるクラウディオ・ドミニカリがプレスカンファレンスを行った後、2011年型のプロトタイプマシン、デスモセディGP11を披露。

3日目は、フェラーリF1チームのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサが登場。

最終日の4日目には、ロッシ、ヘイデン、アロンソ、マッサの4人が、スキーレースと氷上でのエキジビションイベントに参加を予定。ロッシは11月14日に手術を受けた右肩が完治していないことから、イベントの参加を見送る可能性がある。

02rossileathers

ドゥカティ・チームのバレンティーノ・ロッシは、ドゥカティの『WROOOM』-プレス・スキー・ミーティングの1日目となった11日、初めてプレスカンファレンスに登場。新たな挑戦に向けて、抱負を語った。

今年で21回目を迎えるフィリップモリス社主催のイベントに、ドゥカティのファクトリーライダーとして初参加するため、31歳のイタリア人ライダーは、10日の午後にイタリアのスキー場、マドンナ・ディ・カンピリオに到着。チームメイトのニッキー・ヘイデンをはじめ、フェラーリF1チームのフェルナンド・アロンソとフェリペ・マッサと再会した。

ドゥカティのユニフォームに初めて身を包んだロッシは、「ドゥカティは他の全てのマシンとは違う。プロパー(固有)なプロトタイプだ。コンセプトはジャパニーズファクトリーとは違う。」

「デスモセディチを走らせるには、少しダーティ(汚れた)なスタイルが必要だ」と、ドゥカティを初ライドした最終戦後のテストの感想を初めて明かした。

2月上旬の今年初テストを控え、11月14日に手術を受けた右肩の回復具合については、「期待していたよりもあまり良くない。時間が必要だ。開幕戦への準備に向け、特にフィジカルコンディションに関して、時間との戦いとなる。」

「100%に回復するには、手術を受けてから5、6ヶ月が必要だから、4月にはもっと良くなっているだろう」と、説明した。

新天地でタイトル奪回を狙うロッシは、ホルヘ・ロレンソとケーシー・ストーナーがタイトル争いのライバルになることを認めた。

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

|

« Polish end | トップページ | Rossi’s Desmosedici GP11 unveiled »

Moto GP」カテゴリの記事

DUCATI」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Rossi to be unveiled in Ducati colours at Wrooom 2011:

« Polish end | トップページ | Rossi’s Desmosedici GP11 unveiled »