« SS900 was finished up. | トップページ | W638 All are LED. »

2011/02/10

Quick Disconnect Fuel Fittings For Triumph

Img_0077

ドカティ・MVアグスタでご好評の、CPC製、メタルクイックカップリング(フューエルコネクター)のトライアンフ対応版が入荷致しました。 一世代前の、デイトナやタイガー、スピードトリプル等に対応します。ココはリコールに成りましたが、それはオスのみ。オスだけで、メスはリコール対象外。

Img_0079 

ドカやアグスタは走っていて破損と言うより、取り付け、取り外し時の破損等が多いですが、トラは日常使用で自然に壊れる事が有ります。それもオスは勿論ですが、リコールに成っていない、メスも。 金属製なら、その心配は御座いません。 税込み、18,000円(税別)でのご提供です。

Img_1062

実践、クイックラップリングコネクターを抜き、タンクを外すと、メスが残ります。 金具の取り外し方法は、ドカの実践編をご覧下さい。金具を外して、樹脂製のメスを取り外します。

Img_1063 

取り外すのですが、大抵の場合、ロックタイトが入っている為、綺麗には抜けず、ご覧の様に成ります。稀に綺麗に抜ける事も有ります。 中に残っている、樹脂を綺麗に取り除きます。

Img_1064

取り除いたら、タップでねじ山をさらい、修正します。赤と白、金属製のカップリングにすると、同じ色ですので、間違える事も。間違えない様にマーク等して置くと良いでしょう。

Img_1066

タップで綺麗にしたら、金属製のカップリングを最初の逆手順で組むだけです。 この時、金属製のカップリングもボタンの部分、スプリングは分解して置く必要が有ります。

Img_0082

オス側、二本のホースの太さは(内径)が違います。 この商品もホース取り付け部の太さが個々で違うので問題ありません。 赤い方が太いです、そしてホースバンドは使い回しが可能。白い方は細いコネクターに成ります。こちら側は純正のカシメバンドが使用できないので、汎用のホースバンドで固定。 オスをメスに差込、ガソリンが漏れなければ無事交換終了。 パーツだけの販売もしておりますが、別途、車輌をお預かりしての交換作業も勿論承っております。

そして、こちらはトライアンフ専用品。ドカティ・MVアグスタ用とは違いますので、ドカ・MVの方は弊社で販売している、ドカ・MV用をご購入下さい。

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

|

« SS900 was finished up. | トップページ | W638 All are LED. »

Clinic」カテゴリの記事

Information 」カテゴリの記事

Maintenance」カテゴリの記事

Repair」カテゴリの記事

TRIUMPH」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182030/50830214

この記事へのトラックバック一覧です: Quick Disconnect Fuel Fittings For Triumph:

« SS900 was finished up. | トップページ | W638 All are LED. »