« X1 is delivery again | トップページ | New mate »

2011/02/27

The tire raises the price.

国内市販用タイヤの値上げについて

2011年2月9日
No.17
 株式会社ブリヂストン(社長 荒川詔四)は、国内市販用タイヤの当社出荷価格の値上げを決定致しました。

 タイヤの主要原材料である天然ゴムは歴史的高値へと高騰しており、また、合成ゴム・カーボンブラックなど石油化学系原材料の価格も、依然として高値の範囲で推移しております。

 当社はトラック・バス用タイヤに関しては2011年3月1日(火)より当社出荷価格の平均7%の値上げを実施致しますが、他のグループのタイヤに関しても、生産性の向上やコスト改善といった企業努力のみでこれを吸収することはもはや困難な状況であると判断し、以下の通り当社出荷価格を値上げすることと致しました。


1.対象商品 :国内市販用タイヤ、チューブ、フラップ
(トラック・バス用タイヤを除く)
2.値上げ時期 :2011年6月1日(水)(夏・冬タイヤとも)
3.値上げ率(平均) 乗用車用タイヤ、小型トラック用タイヤ :  8%
建設・鉱山車両用タイヤ :15%
産業車両用タイヤ、農業機械用タイヤ :10%
二輪自動車用タイヤ :  8%
その他タイヤ :10%
チューブ、フラップ :10%

国内市販用タイヤの値上げについて

 ダンロップの住友ゴム工業(株)は、国内市販用タイヤの代理店向け出荷価格を、2011年5月1日から改定します。
 
 対象商品および改定率は以下の通りです。
 
1.対象商品 国内市販用の乗用車用、小型トラック用、建設車両用、産業車両用、農業機械用、二輪車用、その他タイヤ及びチューブ、フラップ
 
2.実施時期 2011年5月1日 (夏用、冬用タイヤ同時)
 
3.改定率(平均)
乗用車用タイヤ 7%
小型トラック用タイヤ 8%
建設車両用タイヤ 10%
産業車両用タイヤ 10%
農業機械用タイヤ 10%
二輪車用タイヤ 7%
その他タイヤ (トラック・バス用タイヤ除く) 10%
チューブ、フラップ 10%
 

 上記タイヤの価格改定は、タイヤ原材料である天然ゴムや石油化学系原材料が依然高騰を続けているため、これを生産性向上やコスト削減などの企業努力だけで吸収することは困難であるとの理由によるものです。

毎年、毎年、値上げ・・・ 前後で定価10万なんて日が来るのか・・・

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

| |

« X1 is delivery again | トップページ | New mate »

Information」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: The tire raises the price.:

« X1 is delivery again | トップページ | New mate »