カテゴリー「Chemical」の投稿

2020/08/26

Stem bearing replacement

Dsc_5244

お客様のドゥカティ 900SS。車検は無事に取得出来ましたが、乗ってみると違和感。 ステアリングがニュートラルでは御座いません…

Dsc_5245

ステムベアリングが駄目です。 下側は錆びてませんが、グリス切れ。 上は錆びてますね。

Dsc_5246

上下ともステムベアリングを新品交換。 サイズが特殊です。26φ。 さて、もう少しで完成かな。 備忘録 SKF 639174



 


 


グーバイク在庫       バイクブロス在庫"
GYRO販売車輌はバナーをクリック!!





Buell Blog Ranking!! Buell Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

 



 


| | コメント (0)

2016/12/04

Various Coat

Dsc_0189
ワコーズさんから、新製品のバリアスコート リキッドなる物が出たので、使ってみてと。 ガラスコーティングって言うヤツですね。

Dsc_0190
内容物はこれ。 これでお値段6000円也!! バイクには数台使用できるらしいですが、新車や綺麗な車両なら良いかも知れません。 弊社ではスプレータイプのバリアスコートで十分かな。 しかし、スプレーよりハードコーティング。 あまりWAXとかしない方にはお勧め。

Dsc_0192
僕は車に使用しましたが、屋根までは一本では足りません。見える所だけコーティング。 正直、艶は磨きじゃないので、それ程でも無い様な気はしますが、水弾きは良い気がするのと、ボディーがツルツル。これが一番びっくりした。コーテイングされてるんだなと。 興味が有る方は行って見ては!? 頼まれれば、GYROでもコーティングのみでも、洗車も含めてでも作業しますよ。金額は内容で異なりますが。


Buell Blog Ranking!! Buell Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/03/31

The usual polish

Img_1778

仕上げているS1です。 「THE 磨き」

Img_1780

何時もの事ですが、適当な所で止めないとドツボに嵌ります・・・

Img_1781

余り深追いはしない方が賢明ですな。

Img_1782

綺麗に磨いても、その後のアフターケアも大事ですから。

Img_1784

火を入れると、秒殺で飴色に成るから、入れたくないwww

Buell Blog Ranking!! Buell Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

BUELL・DUCATI Blogランキング参戦中!
↑のバナーのクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/07/11

Lens cleaning

Img_8537

916系や900SSはライトのクリーニングに多少の時間は掛かりますが、モンスターやビューエルS1・X1等のレンズは直ぐにクリーニング出来ます。 装着している写真を撮り忘れ、外してからの撮影なので、分かり辛いですが、真っ白に曇ってるんです・・・

Img_8538 

レンズを単体にして、綺麗に洗えば、白く濁っていたのが、透き通るくらい綺麗に。 ご自分で出来ない方は、お持ち頂ければ、その場でクリーニング致しますよ。 916・900SSなどのカウルを外しての作業の車種は多少時間が掛かりますので、午前に預かり、午後納車、また後日引取りと言う感じに成ります。 綺麗にしたいと思ってる方はご連絡下さい。

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/04/26

wash of S1WB

Img_7623

色々と、作業をしなくては成らないS1WBです。 店の中に買い取って来たままやれる所からやろうで、車輌は放置・・・ しかし、ほこり等で汚い。 一応、売り物だから、お客さんが突然来て、汚ね~S1だなと、思われたくないので、洗車。

Img_7624 

GYROにやってきた時より、程度が上がったでしょう(笑) 結構、時間をかけて特殊な洗剤で洗ったり、錆を落としたり、ワックス掛けたり。 たまたま、別件で見に来たお客さんなども、10年以上の前のバイクには見えないらしい。 まあ、ビューエル自体も知らない方ですが。

Img_7625

本物よりも写真の方が綺麗に見えたりもします(爆) 特に加工なんかをしている訳では有りません。 凄く綺麗でしょ!? カメラマンのテクかwww 入庫した時のイメージからは想像も出来なかったですかね??? 錆とかは有りましたが、丹念に磨いたりすれば、蘇るのです!! でも、余りに酷いベース車輌では無理ですが・・・

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/02/11

RYOMAX GP10 is refreshed.

Img_6830

RYOMAX GP10。 シーズンインまでは、まだまだ時間が有る。 って、皆様方は、来月辺りから始動でしょうが、僕は全然予定が有りません。 今現在、決まってる予定は5月のMAX10です・・・(汗) それまで乗らないのか、乗る事に成るのか分かりませんが、取り合えず、軽い気持ちでRYOMAX GP10(916モノ)ですがリフレッシュ作戦。  ばらしに掛かりません。

Img_6831_3

カウルを外し、タンクを外し、右の電装系を外し、マフラー外し、タイヤを外し、オイルと水を抜いて、エンジンを下ろす。 スイングアームを外すのに、固着していて、一苦労だった。 バラバラになってしまった。

Img_6832

さあ、エンジン単体になったので、内部はどんな塩梅に成っている事やらwww 当分、走る事が無いので、急いでやる事も無い。 まったりと、リフレッシュして行きましょう。

DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!! DUCATI Blog Ranking!!

Blogランキング参戦中! ↑をクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008/02/08

The motor cycle is washed.

Img_1071

なんか、週末は東京もまた雪が降るみたいですね・・・ 週末と成ると雪、見たいな感じ。嫌ですね。

Img_1072

雪が降ると、お客さんは来ないし、外での作業等は勿論出来ない。

Img_1073

そうなる前に。降る前にやってしまおうウオッシュ!!

Img_1075

この時期は手が悴むので、バケツに熱湯を入れ、水で薄めて作業。

Img_1076

色々な特殊洗剤やケミカルを駆使しての作業。

Img_1079

最近のケミカルは凄いので、光沢が良いです。

Img_1081

ホース類もケミカルで処理すれば、艶だけじゃなく、劣化防止にもなります。

Img_1083

ホイールは黒なら目立ちませんが、白やシルバー等の薄いカラーは小まめに洗ってあげないと、鉄粉が取れなくなります。 鉄粉は電子顕微鏡で見れば分るのらしいですが、付着ではなく、刺さっているそうです。

Img_1087

カーボンもまめにメンテしないと、紫外線などで、日焼けし艶が無くなります。

Img_1088

皆様も一月に一回位は洗車してあげて下さい。 愛車が綺麗な方が愛着もわきます。 面倒なら、洗車一式、汚れ具合にもよりますが、行いますよ。使用前、使用後みたいなのを、今度UPしますね。 でも、余り汚いバイクは仕入れないから、何時になることやら・・・

この999は来週末辺りまでには仕上げて、売り物にしたいです。 ご興味が有る方は、ご連絡下さい。 テルミお付けしますよ。


CoRichブログランキング GYRO(ジャイロホームページへ!!

Diary, Chemical | | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/17

Clean a glass

土曜日、台風の中、久しぶりに会う女友達との飲み会。 午前様まで飲み明かし、帰れなくなり闇の中へ。 潔白な俺は日曜のお昼くらいに帰り、カミさんにメチャクチャ怒られる・・・ 日曜日は二日酔いでそのまま死亡。 昨日、台風の影響も無くなり、バイク仲間とのバーベQ大会。 長々とお邪魔してどうもスイマセンでした。もう、四日酔い位でアル中です。

Img_0249_1

そんな感じのお休みも終わり、仕事。 何回も書いてますが、バイク(車も一緒)のライトが汚いと、古臭く見える。 今回、仕入れた900SSも年式を考えれば全体的に綺麗だけど、ライトの曇りが許せない。早速分解。

Img_0252

前側のボルト四本とミラーを外せば簡単にこの状態。 光軸の調整ボルト、三本を緩めてやると、ライトが外せます。 裏のポジションを引っこ抜き、H4のバルブを外せば、後は中性洗剤で洗うのみ。 本当はヒートガンを使用して、レンズ自体外せば楽に綺麗に出来るが、万が一を考えると細い筆でシコシコと洗った方が確実。 10分くらいゴシゴシして終わり。

Img_0256_1

最後にエアーガンなどを使用して、完全に水気を取る。 見違えるようなフロントマスクに成りました。 モンスターに比べると、面倒ですが、916よりは簡単ですかね!?  これ位、見た目が変わると嬉しくなりますね。


にほんブログ村 バイクブログ ドゥカティへ ←リザルトはクリック!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)